芸術の境界――赤瀬川原平とマルセルデュシャン

 昔アメブロにも同じようなものを上げた気がするが、せっかくなのでここにも載せておく。芸術作品の話だ。

 

 横長の紙の左右端の背景が、曲線による緻密な模様で構成される。四隅と中心には白抜きの太い字で「1000」と描かれている。中心の「1000」は他の四つよりも大きいが、淡い緑色の輪郭ゆえに目立たない。その上下には同じ色で菊らしき植物の模様が描かれる。紙の左側にも四隅のものと中心のものの中間くらいの大きさの、縦長の書体による「1000」があり、それを囲む楕円形の余白は植物の図柄で縁取られている。左上と中心の「1000」、右下と中心の「1000」を結ぶ線上には、それぞれ黒く細い字で「RA565658R」と描かれている。紙の右半分には中心の方を向いた聖徳太子の胸像、そして中心の「1000」の上には、日本銀行券、千円、日本銀行の文字があり、赤い印が押してある。横1.8mほどまで拡大された、旧千円札の模写だ。作品の名は「復讐の形態学(殺す前に相手をよく見る)」、作者は赤瀬川原平。赤瀬川による紙幣の模造作品はいわゆる千円札裁判で有名となったが、これは有罪の根拠となった印刷作品ではなく、紙パネルにグアッシュで手描きされた模造品である。「反芸術」を唱える彼の作品は基本的に美術館と相性が悪い。それは異化という行為のお行儀の悪さの表れだけれど、異化をテーマとしながらも美術館に置かれるべき作品というのも当然あるし、むしろこちらの方が主流かもしれない。マルセル・デュシャンの「L.H.O.O.Q.」のような作品はその代表だろう。これはお土産に売っていそうなポストカードのモナリザに、黒い鉛筆で細いカイゼル髭と顎髭を書き加えた作品だ。絵の下には手書きでL.H.O.O.Q.と書き留められいて、フランス語で発音すると、「彼女はお尻が熱い(欲求不満である)」という意味にとれるらしい。

 広く共有されたモチーフを流用して観る者の固定観念を揺るがすという意味では、両作品に差はない。デュシャンは既製品をそのまま用い、その上有名な芸術作品に落書きめいた書き込みをして制作した「作品」を提示することで、高尚なファイン・アートを解体しようとしているし、赤瀬川は紙幣がただの印刷された紙でしかないことを観る者に突きつける。しかしこの二作品は、芸術作品を名乗る必要があるか否かによって明確に異なっている。

 赤瀬川は紙幣を模造した一連の作品に関して、ある対談でこのように発言している(1)。「その千円札を使って、会場の壁に留めたり、なにかを梱包したりしてみたけど、ぜんぶ、なんか『蛇足』なんですよ。」「『千円札のコピー』を『つくった』ということ、そこでもう終わっちゃってたんですよね、その芸術は。」つまり赤瀬川にとって、芸術性は、作品の展示ではなく制作の中に存在したのである。無根拠であるからこそ神聖不可侵な交換価値の基準が、実はただの印刷物でしかないことを臆面もなく指摘し、模造してしまう。その行為自体の挑発性にこそ赤瀬川は芸術を認めたのであろう。だからこそ行為の後に残る作品には特別の価値を見出せなかったのだ。そしてここで解体された価値の無根拠な中心は、自然と一つの言葉を想起させる。「芸術」だ。この言葉こそが、観る者の思考を停止させ、感動のひな形を与える代わりに、作品の普遍的価値を保証する。社会制度への反抗たる紙幣の模造は、赤瀬川の「反芸術」という主張の相似形ではあるまいか。この作品の制作は社会に対しても芸術に対しても、まさに挑発的だった。赤瀬川は結局この作品より後に制作された紙幣の印刷作品によって起訴され有罪となるが、その理由が偽札製造ではなく通貨及証券模造取締法違反であったことは、「反芸術」という言葉に照らしても痛快だ。そのモノの社会的信頼を損なう、というわけである(*)。

 デュシャンが観る者の芸術に対する観念を刷新しようとする上では、提示された作品そのものに芸術という言葉が与えられることが、すなわち作品が「芸術作品」を名乗ることこそが重要であった。彼はこの言葉の力を前提とすることで、芸術への固定観念を揺るがすとともに「レディ・メイド」の大量生産品を日常のコンテクストから切り離し、「非芸術」であったものを「芸術」の領域に押し上げたのである。他方、赤瀬川の「復讐の形態学(殺す前に相手をよく見る)」を「芸術作品」と考えたとしても、それで作品の本質を語ったことにはなるまい。紙幣を主題にした一連の作品の芸術性は、飾られた作品そのものにあるのではなく、紙幣の模造という行為自体にあり、「復習の形態学」に限って言えば、模造の前に「相手をよく見」てみたことにある。この作品を「芸術作品」として語ることはむしろその反乱を、すなわち赤瀬川が芸術性を見出した作品制作の過程を覆い隠してしまうことになるだろう。だからこそ赤瀬川は「反芸術」を唱え、芸術という言葉に追いつかれまいとしていたのではなかったか。反芸術は決して非芸術ではないが、作品として飾られることの価値からは切り離されているのである。

 芸術の条件について、「美術館に飾られれば芸術だ」という意見をしばしば聞く。いかにも今風な考え方で、それは決して間違ってはいないと思う。ただ、「芸術」なる言葉の力がもはや地に落ちていたとしても、それが指し示し得たものの面白さを信じたいものである。

 

 

 

参考

1.https://www.1101.com/okane/akasegawa/2010-05-31.html 「貧乏と芸術の間の千円札。」2016年7月20日参照

2.http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/2001Hazama/02/2200.html 「模型千円札事件――芸術は裁かれうるのか」2016年7月20日参照

 

3.木村重信高階秀爾樺山紘一監修 1993『名画への旅24 20世紀Ⅲ 「絵画」を超えた絵画』 講談社